INPREST インプレスト東京八丁堀ル・サンク
THE CENTER KNOES the FUTURE
中心は知っている。東京の未来を。

「東京駅」は、常に都心の中心として変わり続けてきた。
21世紀を迎え丸の内や日本橋など周辺で相次ぐ再開発により
人を惹きつける洗練された魅力を手に入れてきた。
そしていま、八重洲エリアが次なる再開発の舞台となる。
東京にとって大きな節目となる2020年、その先を見据えて、
世界から注目を浴びる都市へとさらに進化を遂げる。

東京駅(現地より約1,120m/徒歩14分)
グランルーフ(現地より約1,120m/徒歩14分) グランルーフ(現地より約1,120m/徒歩14分)
東京駅周辺再開発エリアマップ
東京駅周辺再開発エリアマップ

2020年の先を見据える
東京駅周辺再開発の舞台は
八重洲エリアへ。

東京駅周辺では次々と再開発が進行しているが、その主なステージは丸の内エリアから八重洲エリアへ移ってきた。すでに完成済みのグラントウキョーやグランルーフなどに続き、八重洲、京橋、日本橋などで複数の事業が進行しており、新たな商業・文化・交通・観光施設などが開設される予定。高度な都市機能が充実し、多彩な魅力を持つ街へと進化していく。

完成予想図 完成予想図
完成予想図 完成予想図

八重洲二丁目北地区

八重洲一丁目東地区・二丁目中地区と並んで大規模バスターミナルが整備され、ホテルやビジネス交流・サポート施設等が整備される予定。(2021年度竣工予定)

※出典:三井不動産(株)発表資料
完成予想図 完成予想図
完成予想図 完成予想図

八重洲二丁目中地区

東京駅と結ばれる歩行者ネットワークと地域に開かれた広場が整備され、低層部に店舗、インターナショナルスクールなどが入る予定。(2023年度竣工予定)

※出典:三井不動産(株)、鹿島建設(株)、ヒューリック(株)発表資料
完成予想図 完成予想図
完成予想図 完成予想図

八重洲一丁目東地区

国際会議等を開催するカンファレンス施設、高度医療施設と連携した初期医療施設等が整備予定、イベントなどにより街の魅力・活力の向上が図られる。(2024年竣工予定)

※出典:東京建物(株)発表資料
完成予想図 完成予想図
完成予想図 完成予想図

京橋一丁目東地区

ブリジストン美術館の入っていたビルの建て替えとなり、低層部に「美術館・展示施設」「創作・交流施設」「情報発信施設」などの文化施設が整備される予定。(2019年度 2023年度竣工予定)

※出典:(株)永坂産業・戸田建設(株)発表資料

※八重洲二丁目北地区(2018年11月着工予定、2021年度竣工予定)八重洲二丁目中地区(2020年度着工予定、2023年度竣工予定)八重洲一丁目東地区(2019年度着工予定、2024年竣工予定)京橋一丁目東地区(工事中、2019年度?2023年度竣工予定)。八重洲二丁目南地区(2018年中に都市計画決定予定)常盤橋地区(2017年 2023年度着工予定、2021年度?2027 年度竣工予定)八重洲一丁目北地区(2018年中に都市計画決定予定)日本橋二丁目地区(工事中、2018年度全体竣工予定)日本橋一丁目中地区(2020年度着工予定、2025年度竣工予定)日本橋一丁目東地区(2018年中に都市計画決定予定)日本橋兜町・茅場町一丁目地区(2018年度着工予定、2020年度竣工予定)。各事業の着工・竣工予定は変更となる可能性があります。

18.8.18
先着順販売住戸 申込受付中